不動産登記

不動産登記は,土地や建物の所在・面積のほか,所有者の住所・氏名などを公の帳簿(登記記録、登記簿)に記載し,これを一般公開することにより,権利関係などの状況が誰にでも分かるようにし、取引の安全と円滑をはかる役割を果たしています。
 
不動産登記をすることで、不動産についての権利を第三者に対して主張できるようになりますので、大切な財産である不動産について自らの権利を守るためには登記をすることがとても重要です。
  
 

主な取扱業務

 
不動産(土地・建物・マンション)売買時
土地・建物・マンションなどの不動産を売買する時には、購入した不動産を買主の名義にするための「所有権移転登記」が必要になります。その際、住宅ローンを組んでいる場合には、購入した不動産に抵当権を設定するための「抵当権設定登記」も必要になります。また、不動産に売主の抵当権が残っていた場合には、その抵当権を抹消するための「抵当権抹消登記」が、売主の住所が登記記録上の住所と異なっている場合には住所を一致させるための「所有権登記名義人住所変更登記」が必要になります。
  
建物を新築した時
注文住宅を新築した際には「所有権保存登記」が必要になります。所有権保存登記とは、所有権の登記のない不動産について最初に行われる登記のことを言い、この登記を行うことで、その建物の所有者が自分であることを明らかにします。なお、新築にあたり住宅ローンを組んでいる場合には、購入した不動産に抵当権を設定するための「抵当権設定登記」も必要になることは売買時と同じです。
  
贈与・財産分与時
不動産を贈与した時や離婚による財産分与をした時には、不動産を取得した方の名義に変更するための「所有権移転登記」が必要です。当事務所では、登記申請だけでなく、必要に応じて贈与契約書や財産分与に関する協議書などの書類作成も承っております。
 
住宅ローン完済時
住宅ローンの返済が終わっても、自宅に設定されていた抵当権の登記が自動的に抹消されるわけではないため「抵当権抹消登記」をする必要があります。完済後に金融機関から手続に必要な書類を受け取ることはできますが、登記手続はご自身で法務局に申請しなければなりません。ご自身で手続をするお時間がない方や手続の方法に不安がある方はどうぞお気軽にご相談ください。
 
住宅ローンの借換時
住宅ローンを借り換える時には、それまでご自宅に設定されていた住宅ローンの抵当権を抹消し、新しい住宅ローンの抵当権を設定する手続きが必要になります。

 
森山司法書士事務所
相続手続・遺言作成・債務整理・不動産や会社の登記など、些細な事でも気軽にご相談ください。出張相談・営業時間外、土日祝日の対応も可能です(要予約)。
 
所在地
〒830-0045
福岡県久留米市小頭町2番地41-501号
営業時間 平日 9:00~18:00
定休日 土曜・日曜・祝日
 
電話でのお問い合わせ
 ☎ 0942-48-1805
受付 平日 9:00~18:00
 
WEBでのお問い合わせ